Visual SourceSafe 関連情報

製品概要

次バージョン情報

応用

  • VC++6.0 プロジェクトでチェックインするときに除外しているもの。
    拡張子説明
    *.opt開発環境で使用されるワークスペースのオプションファイル。
    *.clwClassWizard で使用されるファイル。自動生成される。
    *.ncbコンパイルされないブラウザファイル。自動生成される。
    *.aps現在のリソーススクリプトファイルのバイナリバージョン。
    *.plgプロジェクトログ。コンパイル結果などが記録される。

関連情報

  • PRB: Problems After Branching Integrated DevStudio Projects
    • http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;173065
      VC++ でファイルの共有と分岐を使って Ver1 → Ver2 を作ったとき、
      以下の手順を行わないと、Ver2 修正時に Ver1 のファイルを修正してしまうとのこと。
      
      1. Ver2 の *.dsp/*.dsw を分岐
      2. *.dsp/*.dsw をチェックアウト(VSSエクスプローラを使う)
      3. テキストエディタなどで直接 *.dsp/*.dsw の VSS関連情報を削除する
         <DSPファイル>
            # PROP Scc_ProjName ""$/<project name>", <physical file name>"
            # PROP Scc_LocalPath "."
         <DSWファイル>
            begin source code control
            end source code control
      4. *.dsp/*.dsw をチェックイン
      5. *.opt/*.scc を削除
      6. VisualStudio から Ver2 側の dsw を開いて VSS に再接続
         --------------------------------------------------
         Microsoft Visual C++
         --------------------------------------------------
         [?] Microsoft Developer Studio のプロジェクトと
             同じ名前のプロジェクトが選択された
             ソース管理プロジェクトが既に存在しています。
             既存のプロジェクトに再接続しますか?
         
                      [はい] [いいえ]
         --------------------------------------------------
         [はい] を選択。
      7. VSS パスが正常になるのでチェックイン

ツール

SQL Server 関連

その他

はてな

CVS 関連情報


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-27 (土) 14:20:04 (2848d)